◇ How to Dollhouse ◇

[atelier Blue Roof] indexへ

【制作編】

*キッチン*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ***** ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  
完成サイズ、高さ6cm×幅4cm×奥行き1,8cm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ***** ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*下に行くほど新しくなります*
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ***** ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
   
    *準備する材料*
  
 ************************************ 
 
       
幅×高さ=枚数(基本2ミリ厚板使用)  
 A:
   
1,8cm×6cm=2枚(左右板)
 
 B:    5mm×6cm=8枚(背面板)

 C:    5mm×4cm=2枚(背面板幅木)

 D:    8mm×3cm=1枚(棚板)

 E:   1,8cm×4,8cm=1枚(天板)
 F:削除しましたので、必要ではありません

 G:   2,8cm×4,4cm=1枚(前面板)

 H:   1,5cm×1,7cm=2枚(扉)

 I :     5cm×2cm=1枚 (つまみ土台)


 J:
  直径4mm棒をカットする(つまみ)
 (画像では爪楊枝になっていますが、変更しました) 

 K:  爪楊枝の頭の部分を2個
(扉ノブ)
   (画像には書いてありません)

   詳細は各パーツ別に下記にて説明します。

*前面板*

左記画像ではつまみは爪楊枝になっていますが、
実際は直径4mmを薄くカットします。

 1) I をG の左上に接着。(ボンド使用)
 2) I に Jつまみ3個を接着。
 3) G に Hを接着。
 4) H に Kを接着。


*左右板のカット*

 1)左右板(A)の上から3,2cm×8mmを
   カットして取り除く


 2)板カットした部分の角をヤスリで丸くする

     

*天板のカット*


1)天板板(E)の端6mm×4mmをカットして取り除く

*天板シンク部分のくり抜き*

天板をカットした後にシンク部分をくり抜きします。

1)左から8mm、手前から4mm部分から
  シンクサイズ(くり抜き)↓の線を引きます

2)シンクサイズ1,1cm×1,5cmをくり抜きます。

3)くり抜いた後のカット面をやすり掛けします。

*くり抜いた板は後ほどシンク板として使用します。

*背面板作り*


1)背板(B)を1枚ずつ貼る。

2)貼って1枚状態になった後に幅木(C)を端に貼る。




←1枚は表面、1枚は裏面に貼る

*背面と左右板接着*



左右板(カット済み)で背面板(↑で作った板)を
挟むように貼る。

*シンク作り*
  *本来は粘土で作るのですが、今回は板をカットして色塗りで作ります

天板のくり抜いたシンク板

 A)5mm×1,5cm=2枚


 B)5mm×1,5cm=2枚

1)A板を貼る

2)B板を貼る


↑で貼ったシンク板に白の絵の具で着色。

天板のくり抜いた部分に白の絵の具で着色。


天板の裏から接着。

*組み立て*



1)背面板(左右板接着済み)に前面板を接着。

2)天板を接着。

3)棚板を上から1,5cmの場所に接着。


 *蛇口作り*



爪楊枝を(1)の様にカットする。

使用するのは9mm(A)と8mm(B)の2本。

(A)に(B)を接着。


*コンロ作り*

お好みの粘土を少量取り、よく練ってから
平らに押し潰す。

直径6mm程度のストローを押して丸を3個作る。

形を整え、乾燥してから黒の絵の具を塗る。


*コンロと蛇口の接着*



蛇口を接着。
コンロの絵の具が乾いたら接着

チャイルドキッチンの完成です。

*着色をする場合はパーツ接着の前に色塗りをしてください





□当ページの著作権は管理者宇田泰子に帰属します。
 画像、文章の転載、複写、印刷は固く禁止します。□